【簡単おいしい】おいしくない豆乳をおいしくするアレンジ ゆずかりん豆乳

ゆずかりん豆乳life

「豆乳は体に良い」

これはもう一般常識と言っていいほど知られている事です。

ただ、少し独特な味なので苦手って人も結構いるかと思います。

そんな豆乳をすごく簡単においしくアレンジする方法を見つけたので紹介します。

スポンサーリンク

1.用意するもの

①ほっとゆずかりん(はちみつ入り&濃縮タイプ

②豆乳(メーカー問わず)

以上!

これだけなので説明なしにもう作れてしまうと思いますが(^_^;)

2.ゆずかりん豆乳の作り方

コップにほっとゆずかりんを少量入れます。
希釈するタイプのほっとゆずかりんで作りますが、私の場合は元々「原液1:お湯4」の割合で薄めるタイプです。

これぐらいの分量でそのまま豆乳に置き換えて作ると甘すぎて。
よく言えばデザートドリンク感覚で飲めますが、私にはちょっと・・・

なのでオススメの割合は「原液1:豆乳:6」くらいですね。

味自体を気に入ってもらえたら自分で好きな比率に変えて行ってくださいね。

よく冷えた豆乳をそそいで、混ぜます。
成分が分離したみたいな感じになってます。

よーく混ぜれば出来上がり♪

3.おいしさの秘密

ホットゆずかりんとかホットれもんってはちみつが入っていますよね?
ほぼほぼそれのおかげなんじゃないかと思います。

もしかしたら豆乳にはちみつ入れるだけでおいしいのかな(笑)

私は料理研究家でも料理好きでもなくただの会社員なので理由はわかりません(・_・;)

とにかくおいしかったので、試してみてもらいたいだけです(笑)

味の感じはヨーグルトにはちみつを入れた感じに似ています。
飲むヨーグルトは飲めるけど豆乳は無理って人には是非試してみてもらいたいです。

豆乳に含まれる大豆イソフラボンは美容にも健康にもとても役にたちます

簡単に作れておいしくイソフラボンを摂取できるって素晴らしいと思いませんか?
是非ご賞味ください!

以上でゆずかりん豆乳の作り方を終わります。
最後まで読んで下さりありがとうございました♪

コメント