【広島】八昌で本当のお好み焼きというものを思い知った日

八昌のお好み焼き2お食事処

少し前になるんですが、広島県にあるお好み焼き屋

八昌

へ行ってきました。

私は広島県人でありながら家では小さかった頃から関西風のお好み焼きが基本だったので広島風のお好み焼きにこだわりは全くありません。

しかし、この八昌のお好み焼きを食べてから広島風お好み焼きに対しての考えがまったく変わりました。

※わかりやすくする為に関西風・広島風と付けています。私にとってどっちも正当なお好み焼きです(^o^)

スポンサーリンク

1.八昌へのアクセス

住所  :広島県広島市中区薬研掘10-6
電話番号:082-248-1776
営業時間:16:00~22:30(L.O 22:30)
     日曜のみ 16:00~21:00(L.O 21:00)
定休日 :月曜日 第1・第3火曜日
駐車場 :無し

広島駅から徒歩で行ける距離にあります。
※徒歩20分程度
少し早めに行って歩いて行くのがいいと思います。
おなか空いてたらおいしくなるでしょ?(笑)

2.予約ってあまり知られてない?

全国区のテレビで取り上げられた後という事もあるのかはたまた普段からこの量なのか、結構並んでます。

八昌に並ぶ人たち

開店前から長蛇の列です。
因みに私たちは予約してから来ていたので並ぶ必要はないんですが、することも行くところも別になかったので並んでいました(笑)

開店時間となり、予約をしていた私たちは横の扉から奥の部屋へ。
中には座敷のテーブル席がいくつかあったのですが、埋まったのは2つのテーブルだけ。

あんなに並んでいたのに?!

当然店の表側になるカウンター席は余裕の満席。
絶対に予約した方がいいんじゃ?って思いました。

3.八昌のお好み焼き

申し訳ないですが、当ブログを始める前に訪れた場所なので、メニュー表や店内の様子の写真は一切ありません。
お好み焼きだけでなく鉄板メニューもありました。

ニンニクの芽と肉

定番のそば肉玉(864円)を注文。
出てきたのがお好み焼きが↓

八昌のお好み焼き

広島風って感じですね~(^o^)
「うん、旨そうだ」
と孤独的な事を思っていたんですが、食べて考えが変わります。

こんなお好み焼き食べたこと無いわ。

今まで食べてきたものと明らかに違う。
わざわざ広島まで来て食べるから気持ちの上での味の上乗せがされているのか?
いやそうじゃない。
長蛇の列がそれを物語っている。
おいしいからみんな並ぶのだ。

正直舐めてました。

関西風推しだった私はこの日を境に広島風のお好み焼きの虜になりました。
※関西風も今でも好きです。

4.広島観光

折角広島まできたのだから、少し時間があったので八昌へ行く前に観光しました。

4.1 一蘭のラーメン

まず最初に食べたのが

一蘭のラーメン

みんな大好き「一蘭のとんこつラーメン」です。
ラーメン好きな人はこっちがメインじゃないの?ってくらい有名なラーメンです。

美味しかった!(^o^)

4.2 原爆ドーム

久しぶりに見ました。
気付けば10年ぶりくらいですね。
大学時代は何度か目の前を通ったりしましたが、近づいて見るのは久々です。

原爆ドーム

幼稚園か小学生くらいの時に遠足で訪れて、被災者のおばあちゃんから話を聞いた記憶があります。
なぜかその時にいっぱいいる子供たちの中から私にだけくれた写真を今でも覚えています。

一円玉で作られた原爆ドームの写真

あの写真どこにいったんだろ。
ちょっと探してみようかな。

4.3 広島平和記念資料館

ここに訪れるのはほんと久しぶりです。
それこそ中に入るのは幼稚園か小学校の遠足以来だと思います。

30年は経とうとしている今でもここの人形は忘れません。
一緒にいった友人たちもこれは忘れられないと言っていました。

住所  :広島県広島市中区中島町1-2
連絡先 :082-241-4004(総合案内)
入館料 :大人200円/高校生100円/中学生以下無料
開館時間:【3月~7月】8:30~18:00
     【8月】8:30~19:00(5日・6日は20:00まで)
     【9月~11月】8:30~18:00
     【12月~2月】8:30~17:00
休館日 :12月30日・12月31日
駐車場 :無(付近の有料駐車場を利用)

外国の方が非常に多く観覧していました。
みんな興味津々にガイドの話を聞いています。
思ったより外国の方にも関心がある出来事なんですね。

広島は原爆について肌で感じることができる数少ない場所の一つだと思います。
もう一度同じ悲劇を繰り返さない為に、知っておくということは大切です。
広島を訪れる事があれば遊べる場所だけでなく、ここにも立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

以上でお好み焼きについての考え方が変わった日の話を終わります。
最後まで読んでくださりありがとうございます<(_ _)>

コメント